忍者ブログ
とりあえずコレクションものをBLOGに
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

初回限定新機構台座付きということで購入。
●ヒジ関節はインフィニットジャスティスガンダム同様、2重関節機構を採用。従来の1/100シリーズに比べて可動範囲が拡大。
●背中バックパックはABSによるフレームで強化。肩口への跳ね上がり、折りたたみ機構を完全再現。
●ドラグーンは着脱式とし、前方攻撃ポージング再現可能。
●ビームサーベルは単独タイプと連結タイプの2種が付属。収納部としてスネ外側方向が開き、サーベルを取り出すギミックを再現。
最初地味かと思ったら完成するとなかなかどうして格好いいじゃないですか、写真ではわかりづらいですが立体感がいい・・
 台座に付けて背中のドラグーンたためばこんな感じです、手前は附属していたレイ君のプレートです
 アップ画像はこんな感じ、しかし背中にしょってる格好はまるで亀ですね、しかしアニメ中では搭乗者のレイ・ザ・バレル同様地味ーです、この装備でもスーパーマンのキラ君には勝てませんでしたし・・もしアスランが予定通り乗っていたらこの機体は赤色になったのだろうか
PR
シン・アスカの最初の機体インパルスのソードシルエットです。
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場する主役機「ソードインパルスガンダム」の1/144スケール、HG仕様のプラモデル。背部の大型ソードは片手持ちと両手持ちの2パターンを再現可能です。ビームブーメランは着脱式、ビーム部分はクリアパーツで再現、手にも装備可能です。飛行形態のコアスプレンダーが付属します。まあ赤色バージョンのインパルスです(基本のフォースシルエットは青色、ブラスとシルエットは緑色)あんたはカメレオンか
背中にしょってる対艦刀を合体させるとこんな感じ、ながーいので大変です、これでバッサバッサと戦艦なぎ倒してましたが・・ビームで艦橋打ち抜いた方が早いんじゃねえの
うーんこのアングルの方がかっこええか・・
でも私もシンに言いたい「あんたはなんで・・」
「砂漠の虎」ことバルトフェルトさんのムラサメです。
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」でバルトフェルドが搭乗した専用カラーのムラサメのHGシリーズプラモデル。一部パーツの差替えよりモビルアーマー形態への変形を再現しました。ビームライフルは劇中通り、サイドアーマーへ取り付け可能です。付属のスタンドはモビルスーツ、モビルアーマー両形態でディスプレイすることが可能です。ほいでもってMA形態に変形時はこんな感じです
 完全に戦闘機状態と変形します、しかしこのオジサンは派手好きなのか専用カラーはラゴゥがオレンジ、ガイアは朱色、それでムラサメが黄色です、いちいち塗り替えんでも良さそうなものを・・
カガリ・ユラ・アスハの搭乗機、ピンクのストライクガンダムです。
「機動戦士ガンダムSEED」のメカデザイナー大河原邦男氏デザインによるモビルスーツバリエーション「ストライクルージュ+I.W.S.P.」のHG仕様のプラモデル。イロプラ、ホイルシールによりI.W.S.P.の設定カラー、マーキングを再現できます。I.W.S.P.に付属する武器、大型ソードはバックパックサイドに取り付け可能です。I.W.S.P.は1/144スケールのストライクガンダムにも装着可能です。
「あのひーとのママに会うために~」って言ったかどうかは別にして女の子向けガンダムですな。
背中に担いでいるのがI.W.S.P.(IWSPとは統合兵装ストライカーパック(Integrated Weapons Striker Pack)の略称。)でございます、しかーし複雑化された火器管制システムはパイロットであるカガリ・ユラ・アスハには扱う事ができなかったため、ついに実戦投入される事は無かった。てなわけで無駄な出費だったようで・・

今回初めて筆塗りで部分塗装してみました(だいぶ手抜きですが)、シールドが結構面倒だった・・部分的にとはいえ塗装すると作成ペースがガクンと落ちます(仕方ないか・・)
ようやく完成しました、初挑戦のMGシリーズ、今回は携帯ではなくデジカメ、ペンタのDSで撮影、画像縮小して少し補正してあります。
ガンダムEz8(ガンダムイージーエイト、GUNDAM Ez8)は、オリジナルビデオアニメーション『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』に登場する、地球連邦軍の陸戦用量産型モビルスーツ・陸戦型ガンダムの改修型である。(型式番号:RX-79[G]Ez-8 (RX-79(G)Ez-8) )
特徴的なのはガンダムのシンボルとも言えるV型アンテナを廃止し、ロッドアンテナを用いている点である。ロッドアンテナを採用した理由として、密林での戦闘の際、Vアンテナの破損率が高かったためと言われている。また吸気口や首関節部への被弾や密林での使用による異物の進入を抑えるため、チンガードなどの増設が行われている。
コンテナを担ぐとこんな感じ、まるで二宮金次郎さん状態です、なかにはバラしたバズーカが収納できます。
しかしさすがにMGシリーズです、よくできておりますし格好いいです、組み立て自体は面倒ですが時間かければ何とか出来ます、問題はシールやデカールが多いこと・・上手く貼れません、組み立てより苦労しちゃいました。
Zガンダムよりロザミアたん搭乗のギャプランです。
「機動戦士Zガンダム」に登場する可変MS「ギャプラン」のHGUC仕様のプラモデル。シリーズ初の大型ブースターを付属、MS、MA形態それぞれに装着可能です。両腕の大型武器・メガ粒子砲の銃身スライド機構などにより、特徴あるフォルムを崩さずにMA形態への完全変形を再現可能です。ビームサーベル、台座が付属します。
でこれはMS形態時です、直線的でロボット的で格好いいです
おしりにブースター装備です、こんなごっついブースターってジャマやろーに・・
やっぱギャプランはこのMA形態がカッコえー、近未来戦闘機みたいですよね

しかしロザミアは後半の「お兄ちゃーん」っていうキャラ何とかならんのかい・・

真っ赤なザク、しかしシャア専用機ではありません、SEED DESTINYの萌え系キャラ、ルナマリアたんの専用機です。
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場するルナマリア・ホーク専用機の「ガナーザクウォーリア」の1/144スケール、HG仕様のプラモデル。4色のイロプラの採用により、設定に近い配色を再現しています。大型ビーム砲には折りたたみ機構を採用しており、パーツの差替えなくライフルタイプに変更可能です。バックパックからのケーブルにはリード線を使用しています。 しかしデカいタンクをしょってるので機動性はどうなんですかね。
やっぱりザクにはヒートホークでしょ・・ルナマリアたんは後半お古のインパルスに乗っておりますが、その後のこのザクは誰が搭乗していたのでしょうか・・修理すれば使えたのに・・ザクとは関係ないですがルナマリアたんの頭のアンテナはなんなんでしょうか
Zのフォウをぱくったとしか思えない設定のステラたんの黒いガンダム
gaia3「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場する3号機「ガイアガンダム」の1/144スケール、HG仕様のプラモデル。一部パーツの差替えにより、MA形態への変形が可能です。MA形態時の顔はポリキャップによってスムーズに変形出来ます。背部のビームブレイドは左右に開き、飛行機の主翼のように展開が可能です。てなわけで、こいつは変形します。
gaia2設定では黒豹なのですが、なんかダックスフンドみたいになっちまいました。
gaia1しかしこの形態で宇宙での戦いは不利でしょうに・・バルトフェルトさんも赤色のガイアで戦ってましたね(しかしラクス姫はどこから調達したのだろう「ステラを守るって言ったのに」ってお前シンより充分強いじゃん・・完全にこの回アタリは萌え系アニメになっとりました。
TMレボリューションの西川君がアフレコしてたハイネさん(かわいそうに出番は少し)の専用グフです

はいね「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」にてハイネが搭乗する「グフイグナイテッド」のHG仕様のプラモデル。背部の大型ウイングの開閉を金属シャフトで再現。肩関節は引き出し可動式で、ヒートロッドやビームソード使用時に劇中同様の大胆なポーズ付けが可能です。ビームソードは、シールドに収納可能な短剣タイプとビーム刃をクリアパーツで再現した延長タイプの2つが付属。でこいつはやはり

はいね2グフといえばワイヤーアクション・・違ったヒートロッドでしょう。

「ザクとは違うのだよザクとは」本編ではちゃっかりセリフぱくってます、最新型のグフはやっぱりグフでした。
機動戦士ガンダム0083よりシーマ姉さんの搭乗機
しーま「機動戦士ガンダム0083」に登場する「ゲルググマリーネシーマカスタム」を商品化。 リアスカート、すねフレア内のバーニアノズルを再現。 専用ビームライフル、指揮官用シールド、90mmマシンガン付属。というわけでシーマさん同様、派手なゲルググです。
しーま2
最初はこいつでガンダム1号機をメッタ打ちしてましたが装甲の厚さに「何で落ちないんだよ」とあきらめ、フルバーニアンのガンダムには「バッタかよ」と文句を言っておりました、そんなシーマ姉さんが好きです。
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
tam
性別:
非公開
フリーエリア
QRコード
ブログ内検索
最新CM
(12/22)
(12/21)
(08/20)
(08/18)
(08/13)
最新TB
tamの趣味部屋 Produced by tam        Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]