忍者ブログ
とりあえずコレクションものをBLOGに
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ガンダムコレクションDX2
ガンダムZ
フォウ・ムラサメ
060808_1740~0002.jpg

 

 

 

 

 


コックピットは頭部にある。モビルフォートレス形態に変形可能で、その巨大な機体を飛行させるためにミノフスキークラフトを装備している。本機は火器管制、機体制御を全てサイコミュでコントロールするという、いわばパイロット自身もシステムを構成するパーツの一部として設計されており、パイロットに非常に大きな精神的負担をかけるために通常の人間では扱えず(通常の人間が操縦するとシステムが安定していない場合にはシステムに耐えられずに発狂、死に至る危険性すらある)、そのために実質強化人間の専用機となった。

とにかくデカイ、最大級のMS、これにはやはりフォウが似合いますね。結局カミーユはフォウに助けてもらってばかりで何もしてやれなかったですよね、フォウはガンダム史上上位ランクされるべき女性パイロットだな・・

PR

ガンダムコレクションDX2
ガンダムZZ
キャラ・スーン
060808_1736~0001.jpg

 

 

 

 

 


能上第4世代モビルスーツに分類される機体であり、胸部ハイパー・メガ粒子砲をはじめ、全身に無数のビーム砲を装備している。背部にはマザーファンネル呼ばれるビット兵器を2基装備し、その内部には小型のチルドファンネルを各14基搭載する。マザーファンネルを中継としてチルドファンネルを展開することで、従来よりも広域のオールレンジ攻撃が可能となり、本体メガ粒子砲による全方位射撃と相まって、周囲に鉄壁の攻撃網を巡らせる事が出来る。

猫目のキャラこと乳オバケ(エルビアンノ談)キャラスーンの最後の機体、最後はキュベレイ部隊を巻き添えに派手に散りました。

ガンダムコレクションDX2
ガンダムZZ
エルピー・プル
060808_1738~0002.jpg

 

 

 

 

 


ハマーン・カーンが搭乗した試作1号機のマイナーチェンジ・バージョンであり、カラーリングを除く基本的な機体構成は同一である。

プルが黒色、プルツーが赤ですね、尻尾みたいなのはファンネルのイメージです、「プルプルプルプルプルー」
(´ヘ`;)ハァ

ガンダムコレクションDX2
ガンダムZ・ガンダムZZ
ハマーン・カーン
060808_1738~0001.jpg

 

 

 

 

 


機体の全面を覆う純白の装甲は「戦闘器材」としては似つかわしくない程の優美なフォルムを形成しており、本機がアクシズのフラッグ・シップとしての多大な期待を持って開発された旨を物語る。これらの洗練された機体構成と優れたパフォーマンスは、本機の矜持を明確に体現すると共に、アクシズ開発陣の自信の顕れであると言えよう。

何も言うまい、ハマーン様の専用機、ファンネルってこれが初めて搭載・・ 個人的に一番好きな機体(ハマーン様が良いだけかも・・)

ガンダムコレクションDX2
逆襲のシャア
アムロ・レイ ケーラ・スウ
060808_1917~0001.jpg

 

 

 

 

 


リ・ガズィの基礎フレームはZガンダムのモビルスーツ形態時のみをコピーして設計されているため、ベース機最大の特徴であった可変機構はオミットされ、全てバックウェポンシステム (BWS)に依存している。

えーとZの低コスト版ですか、でもZに似て良いスタイルですよ、この写真は飛行形態、やっぱりZは名機だったんですね、ケーラさんやられ方が可愛そうっす(T.T)

ガンダムコレクションDX2
Gガンダム
東方不敗マスターアジア
060808_1737~0002.jpg

 

 

 

 


シールドをマント状に展開した状態をノーマルモード、ウイングとして背中に折り畳んだ状態をアタックモードと呼ぶ。ゴッドガンダムとの最終決戦では黄金に輝くハイパーモードを発動させた。
風雲再起は、東方不敗の愛馬である馬、またその馬が搭乗するモビルホース(馬型をしたモビルファイター)の名前も同じである。劇中何度も東方不敗のピンチを救うほか、ドモンの元に現れてレインの危機を知らせるなど、馬ではあるが人間にも劣らない活躍をみせた。

いやもう、「見よ東方は赤く燃えている」で笑わしてもらいました、東方先生は凄い、素手と手ぬぐいでMSをやっつけちゃいます・・

ガンダムコレクションDX2
逆襲のシャア
ギュネイ・ガス
060808_1737~0001.jpg

 

 

 

 

 


ギラ・ドーガをベースに開発されたギラ・ドーガサイコミュ試験型(型式番号AMS-120X)が前身。運動性に問題があったため本機が開発されることとなった。そもそも総帥シャア専用機として開発したが、シャアの要望を満たすに至らなかったため、ギュネイ・ガスが搭乗することになった。

映画ではいきなりアムロのリ・ガズィと戦闘してました、しかしアムロは強い、相手にされませんでした。
ちなみにクェス・パラヤの専用機は赤色、この2機のみ生産された模様、もともと赤色はシャアがのる予定だったんだろうな・・

ガンダムコレクションDX2
ZZガンダム
ジュドー・アーシタ
060808_1740~0001.jpg

 

 

 

 


ZZガンダムに強化型の改修を施した上で、ドッキング機構に起因する脆弱な接合部を補強し、更なる機能強化を行う目的で追加パーツを装着した形態。

ZZの最終形態ですかね、しかしジュドーって強いんですね、あのハマーン様にも勝っちゃうし、ニュータイプ選手権やったら誰が一番なのかな・・

ガンダムコレクションNEO4
ガンダムZZ・逆襲のシャア
名も無きパイロット
060808_1742~0002.jpg

 

 

 

 

 


グリプス戦役後の地球連邦軍の主力機。ジムⅡの後継機にあたり、新技術の導入や設計の見直しが行われている。ジムIに比較して全般的に性能が向上しており、ミサイルランチャーを装備することで支援用MSとしての運用も可能である。

ジム系はガンダムの基礎になるMS、影の主役機ですね、映画で言うところのエキストラ、通はこういうのを好むもんです・・弱いけど(´・ω・`)ショボーン

ガンダムコレクションNEO4
ガンダムセンチネル
アムロ・レイほか
060808_1742~0001.jpg

 

 

 

 

 


大気圏内用TMSとしてカラバが開発した機体。Ζプラスシリーズの事実上の原型機と言える。エース向けに少数が生産され、第18飛行小隊の隊長はRX-78-2「ガンダム」のパイロットアムロ・レイであったという。 アムロ専用機のカラーリングは、オレンジと白を基調としたものが有名である

こいつはTVアニメには登場しないのでよくわかりません、小説も読んでないし・・シークレット機体はアムロ専用機らしいです

カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
tam
性別:
非公開
フリーエリア
QRコード
ブログ内検索
最新CM
(12/22)
(12/21)
(08/20)
(08/18)
(08/13)
最新TB
tamの趣味部屋 ガンダムコレクション Produced by tam        Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]