忍者ブログ
とりあえずコレクションものをBLOGに
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ガンダムコレクションNEO4
ガンダムSEED
ラウ・ル・クルーゼほか
060808_1743~0001.jpg

 

 

 

 

 


ザフトにより開発され、地球降下作戦にも使用された量産型MS。
シグーをベースに開発されておりカラーリングはシグーの灰色系統からパープルになっている。大気圏内での飛行を可能とするためボディの極端な軽量化が図られており、攻撃の耐性はかなり低い。しかし重量が軽いため飛行性能はかなり高く地球連合の戦闘機を翻弄した。飛行する際は背部にマウントされたフェイスガードを降ろし、6枚の羽根を展開させる。

これはフェイスガード付きのバージョンです、アニメ中ではなんかジンやらシグーやらSEEDの汎用機はガンダムが目立ってるためにあまりパッとしないです

PR

ガンダムコレクションNEO4
ガンダムW
トロワ・バートン
060808_1744~0001.jpg

 

 

 

 

 


武装はガトリングガンやミサイルなどの実弾兵装を多量に装備するが、弾切れという欠点も抱えている。白兵戦用の武器は右手につけられたアーミーナイフのみで、全弾を撃ちつくした後はこれのみで戦わなければならない

とにかくマシンガンやらミサイル撃ちまくりの戦法で戦う機体、他の4体と比べると地味といえば地味ですか・・
しかしこの機体だけ赤色なのは目立ってますが・・ちなみにエンドレスワルツ編では紺色になってましたが(?_?)

ガンダムコレクションNEO4
ガンダムSEED DESTINY
レイ・ザ・バレル
060808_1735~0001.jpg

 

 

 

 

 


本機は、第二次ヤキン・デューエ攻防戦で実戦投入されたZGMF-X13Aプロヴィデンスと同一のコンセプトを持つ機体で、全身に搭載されたドラグーンシステムによる全方位同時攻撃を本領とする。当初はアスラン・ザラが搭乗予定であった。

SEED DESTINY最後のボスキャラ、何でディスティニーではないのかわかりません、てかいつのまにか主役機がストライクフリーダムになっとるし・・

ガンダムコレクションNEO4
ガンダムZZ
タマンほか
060808_1746~0003.jpg







 


かつてのMSM-03ゴッグの後継機的モビルスーツで、球形の機体からは想像もつかないような機動力を持ち、水中移動時には手足部を機体内に収納し巡航形態となる。過去の水中用モビルスーツを凌駕する性能を誇るものの、海のない宇宙要塞アクシズ内で作られたと言う理由から、アースノイドの正規兵は水中用MSとして信頼しておらず、連邦製のザクマリナーの方を好んで使用した。

うーんどうもこの水中用の系統はアッガイ・ゴッグ・ズゴックとあまり好きになれないんですよね

ガンダムコレクションNEO4
ガンダムSEED DESTINY
カガリ・ユラ・アスハ ムウ・ラ・フラガ
060808_1741~0001.jpg













最大の特徴とも言える金色(厳密にはかなり複雑な色となっている)の装甲は「ヤタノカガミ」と呼ばれるミラーコーティング装甲で、ビームによる攻撃を威力を保ったまま反射することができる(ただ、コロイド粒子によって形状化したビーム兵器による攻撃、つまりビームサーベルやビームブーメランを反射する事は不可能である)。また、面積は少ないものの「ヤタノカガミ」のコーティングを施したシールドで陽電子砲の直撃にも耐えうるという、モビルスーツ単機としては次元の違う防御力を有する機体である。

カガリちゃんの専用機でしたが後にムウ兄貴が使って大活躍、宇宙ではバックパックをシラヌイに換装して使用。カガリちゃんの初搭乗時は涙涙(ノヘ;)シクシク..の感動ものでした なおシークレットで金色のガンコレもあるようです

ガンダムコレクションNEO4
ガンダムZZ
ランス・ニーレン ニー・ギーレン
060808_1746~0001.jpg

 

 

 

 

 


そもそもはキュベレイを護衛するために整備され、そのためロイヤルガード・ガルバルディと呼ばれる。しかし強化人間キャラ・スーンが情緒不安定であったことから、キャラのゲーマルクを護衛及び監視するための出撃が主であった。
二機で一人前の力を発揮する双子モビルスーツ、ガルバルディの改良型でかなりの高性能、しかしキャラのお守りであえなく散っていきました・・

ガンダムコレクションNEO4
機動戦士ガンダムMSV
ガイア・マッシュ・オルテガ
060808_1750~0001.jpg

 

 

 

 

 


R型は、宇宙空間におけるMS-06FザクⅡIF型の性能向上を目的として開発された高機動空間戦用バージョンである。改良を重ねた結果、外観こそは背部・脚部を除くとそれまでのザクと大差がないが、フレームまで全面的に改修されるなど内部構造は大きく変化しており、事実上別のモビルスーツになっているといえる。推進系の制御が難しく、ある程度熟練したパイロットではないと扱いかねる機体となってしまったが、戦闘能力が大きく向上していたため、多くのエースパイロットに愛用された。
このあとに3人はリックドムに乗り換えてジェットストリームアタックなる技でアムロ君を苦しめます、黒いザクはいかつくてカッコよろしいな

ガンダムコレクションVOL6
ガンダムSEED
オルガ・サブナック

地球連合軍が独力で開発した指揮・火力支援用MSである。巨大なビーム砲を背負った姿はバスターの後継機と見られるが、搭載された火器はそれを圧倒する。胸部にイージスと同じ「スキュラ」を装備するほか、大出力の砲を多数装備するが、そのかわり格闘戦用の武器は、バスターと同じく無いに等しい。また、航空能力がないために地上戦ではレイダー飛行形態の背中に乗って出撃する。
結構強いのにレイダー、フォヴィドゥンとともに雑魚キャラ扱い、これ色付いてないですがルミナスバージョンって言って蓄光して暗いところではほのかに光ります、暗闇では上手く撮れないので汚いままでUP
ガンダムコレクションvol6
ガンダムseed
クロト・ブエル

地球連邦軍のナチュラル用OSが搭載された可変機能搭載のガンダム、イージスガンダムと同系列、MS形態でも単体での自由な飛行が可能なだけでなく、MA形態時には飛行能力のないMSを運搬できるように背部にはフラットスペースが確保されている。
カラミティ、フォビドゥンとともに颯爽と登場しましたが、なんか各パイロットの説明もないまま最終回でやられちゃいます、結局フリーダム以外は脇役なのか・・
ガンダムコレクションDX3
Gガンダム
キョウジ・カッシュ他

「自己進化」「自己再生」「自己増殖」の3大理論を備えたガンダム、進化を繰り返し最終的にはコロニーと一体化
もうここまでくると完全にゲームのラスボス状態です、何度でも復活しますが、最後はドモンとレインの「石破ラブラブ天驚拳」により、完全消滅。ってはじけちゃってますね
カウンター
カレンダー
04 2017/05 06
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
tam
性別:
非公開
フリーエリア
QRコード
ブログ内検索
最新CM
(12/22)
(12/21)
(08/20)
(08/18)
(08/13)
最新TB
tamの趣味部屋 ガンダムコレクション Produced by tam        Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]